浅葱さんのブログ

ええ、以前はぷらしのすとか言っていましたよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Centos] libxslt 1.1.26 のインス トールと libxml-ruby, libxslt-ru by の対応

libxml2 を入れ替えるなら libxslt も変えなきゃいけない。というか、こっちが本命。


$ wget -q ftp://xmlsoft.org/libxslt/libxslt-1.1.26.tar.gz
$ tar xfz libxslt-1.1.26.tar.gz
$ cd libxslt-1.1.26
$ sh configure --prefix=/usr/local

またもや "/bin/rm: cannot remove `libtoolT': No such file or directory" が出現するが気にしない。

$ make

ドキュメントの HTML のバリデーションに失敗するが、とりあえず、気にしないことにする。

$ sudo make install

●ruby の対応

まず、何があるか。

$ gem list libx\*

*** LOCAL GEMS ***

libxml-ruby (1.1.4)
libxslt-ruby (0.9.7)

$ ldd /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/libxml-ruby-1.1.4/ext/li
bxml/*.so
libruby.so.1.8 => /usr/lib/libruby.so.1.8 (0xb7e74000)
libxml2.so.2 => /usr/lib/libxml2.so.2 (0xb7d42000)
libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0xb7be9000)
libz.so.1 => /usr/lib/libz.so.1 (0xb7bd6000)
libm.so.6 => /lib/libm.so.6 (0xb7bad000)
libnsl.so.1 => /lib/libnsl.so.1 (0xb7b94000)
libpthread.so.0 => /lib/libpthread.so.0 (0xb7b7a000)
libdl.so.2 => /lib/libdl.so.2 (0xb7b75000)
libcrypt.so.1 => /lib/libcrypt.so.1 (0xb7b43000)
/lib/ld-linux.so.2 (0xb7f93000)
$ ldd
/usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/libxslt-ruby-0.9.7/ext/libxslt/libxslt_ruby.so
libruby.so.1.8 => /usr/lib/libruby.so.1.8 (0xb7e11000)
libexslt.so.0 => /usr/lib/libexslt.so.0 (0xb7dff000)
libxslt.so.1 => /usr/lib/libxslt.so.1 (0xb7dca000)
libxml2.so.2 => /usr/lib/libxml2.so.2 (0xb7c98000)
libz.so.1 => /usr/lib/libz.so.1 (0xb7c85000)
libm.so.6 => /lib/libm.so.6 (0xb7c5c000)
libpthread.so.0 => /lib/libpthread.so.0 (0xb7c42000)
libdl.so.2 => /lib/libdl.so.2 (0xb7c3d000)
libcrypt.so.1 => /lib/libcrypt.so.1 (0xb7c0b000)
libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0xb7ab2000)
libgcrypt.so.11 => /usr/lib/libgcrypt.so.11 (0xb7a31000)
libgpg-error.so.0 => /usr/lib/libgpg-error.so.0 (0xb7a2d000)
/lib/ld-linux.so.2 (0xb7f0c000)

これではいかんわけである。

結論から言うと gem のインストールをやりなおす必要はない。やってもいいが意味はない。

$ cat /etc/ld.so.conf.d/usr-local.conf
/usr/local/lib
$ sudo ldconfig

これだけで新しいライブラリが有効になる。

$ ldd /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/libxml-ruby-1.1.4/ext/libxml/*.so
libruby.so.1.8 => /usr/lib/libruby.so.1.8 (0xb7dcb000)
libxml2.so.2 => /usr/local/lib/libxml2.so.2 (0xb7cac000)
libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0xb7b53000)
libz.so.1 => /usr/lib/libz.so.1 (0xb7b40000)
libm.so.6 => /lib/libm.so.6 (0xb7b17000)
libnsl.so.1 => /lib/libnsl.so.1 (0xb7afe000)
libpthread.so.0 => /lib/libpthread.so.0 (0xb7ae4000)
libdl.so.2 => /lib/libdl.so.2 (0xb7adf000)
libcrypt.so.1 => /lib/libcrypt.so.1 (0xb7aad000)
/lib/ld-linux.so.2 (0xb7eeb000)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prasinos.blog2.fc2.com/tb.php/759-164f4834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。