prasinos' work memo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMTSを読んでみる

OGC Web Map Tile Service (WMTS) 1.0.0 というのが4月6日に出たんだそうで。読んでみました。
以下なんというか30分で斜め読みした感想です。

  • 最初は WMS のプロファイルにしようと思ったがやめたらしい。そりゃそうですね。普通は連続地の座標に離散値しか許さないフラグが立っていたら分岐なんてアプリは誰も書きたくないですね。読者諸賢がそろってついてくといっても互換性壊れるから俺が許しません。賢明な判断と思われます。
  • WMS には SOAP バインディングと KVP バインディングがあったが、それに加えて REST バインディングが登場。すごーい REST の時代ですね。なんかここまで猫も杓子も REST だとかえって怖いですよ。OGC はわりかし猫とか杓子のほうだと思うので。ただし、「OGCでは初めてだが、」と認めているのは偉いです。
  • いやところであの CGI みたいなスタイルは KVP っていうんでしたね。以前 WMS を読んだときに学習したはずでしたがすっかり忘れていました。
  • XML の構造がなんかやたら難しいのはきっと気のせいです。愛があればあるいは飲んだ後でなければきっと UML も読めるでしょう。OWS Common とか参照してます。これは WMS もそうなってたっけ? しばらく考えていたが思い出せず、要は以前試したときは UMN Mapserver 任せにしていてまじめに作っていなかったことを思い出しました。
  • HTTP ステータスコードをちゃんと規定しているのは好感。これも REST 派の影響か、もとからそうだったような気はしないのですが、お前いつ WMS 全部ちゃんと読んだんだと以下同文。
  • そういえば序文に戻りますが OSGeo Tile Map Service Specにインスパイヤされて作ったんだそうで。インスパイヤだからたぶん互換性ないんでしょうね。読んで見なけりゃいけませんね。
  • 同様にパラメタ i, j を使っているのは好感。
  • 後のほうで URL とか XPath に {J} とか埋めてあって URL Template Syntax です。いや XPath で中括弧が使えるのは昔からですが。
  • OGC URN が使われています。 urn:ogc:def:wkss:OGC:1.0:GlobalCRS84Scale とか。
  • よく使われるスケール階梯が登録されています。
  • Google Maps と MS Live Map の投影法は同じ urn:ogc:def:crs:EPSG::3857 だそうです。
    でこうやって見れるそうです。あとマイクロソフト様がご登録遊ばされたそうです。ほんとにまあ世に貢献するようになった MS には隔世の感があります。
  • WSDL とか知りません。勝手にしてください。
  • UML は読みたくないという皆様、XSD は http://schemas.opengis.net/wmts/1.0.0 にポストしたと書いてありますが、実は http://schemas.opengis.net/wmts/1.0/ にあります。たいしたことではありませんが。読んだらまた報告したいです。
スポンサーサイト

OpenSearch

この本に教えてもらいました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4774142042

要は、SRU の気色の悪い XML ではなくて、Atom で検索結果が返ってくるところに御利益があると。

以下思いついたこと:

とりあえず第一義的にはメタデータは Atom で返ってきて、それにジオを補うことになります。それってものすごく GeoRSS ではないですか。

OpenSearch をサポートすると、Google Chrome のサーチオプションになったりするらしいです。一瞬すごいかもと思いましたが、マイカタログのデータしか検索できないブラウザってどんだけ変態なんでしょうか。ちなみに Firefox はプラグインみたいです。

ついでに仕様もチェック。
http://www.opensearch.org/Home
なんかすごいです。
最初のドキュメントで URL 構造が指定できるので、SRU の URL 構造でもいいわけですね。
これは同一インプリでやっちゃおうという人がでるわけで、はたして SRU Extension とか作られています。
http://www.opensearch.org/Community/Proposal/Specifications/OpenSearch/Extensions/SRU/1.0/Draft_1
httpAccept パラメタが application/sru+xml か application/atom+xml かで振り分けるらしい。これは頭がよい。

メモ:RFCよりSTDで参照したほうがいい 場合のURL

<a href

OAI-PMH アグリゲータがメタデータ内容 の更新日付を header/date にしてはいけない理 由

なんかメールではうまく更新され
--
簡単に説明する練習。

プロバイダ A と B からアグリゲータ C を経由してハーベスタ D が取得している状況を考える。
ハーベスタ D は時間を利用したインクリメンタル・ハーベスティングをしているものとする。

C->D のインクリメンタル・ハーベスティングができるのは、C に現れるメタデータの更新時刻が単調増加することが条件である。
つまり、C から過去にハーベストした最新の更新日付より古いメタデータは、削除であれ作成であれ C に新たに現れてはならない。
現れたとしてもそれはハーベストされない。

ここで、メタデータ内容日付を更新日付にしていると、その禁止された事象が起こってしまうのだ。
たとえば A から C には毎日 6:00Z に、B から C には毎日 12:00Z にハーベーストが行われるとしよう。
A には 3;00Z にレコード r1 が、B には 0:00Z にレコード r2 が作成されたとする。
D からみていると、最初は C にはレコードがなく、6:00Z になると r1(3:00Z) だけが発生するが、
12:00Z になると r2(0:00Z) が発生してしまう。
したがって、D が r1 だけをハーベストしてしまえば、次に r2 を見つけることはできなくなってしまう。

リッチテキストを送ってみるテスト

結局どうしたらよかったのか

さるところで ISO 19115 はだめね、だからフラットなプロファイルを作ったよという話をしたら、じゃあどんなものが2004年ごろに共通語としてあり得たのかと聞かれて返答に詰まった。 とりあえず即興で FGDC が失われた未来だったと言っておいたのは、一応モデルが単純でフラットじゃないにしてもスパゲッティみたいなモデルにはなってないからなんだけど、果たしてそれでよかったのかどうかはわからない。仮に FGDC そのものが ISO となったとして、拡張要求が殺到してひどいことになったかもしれない。多分僕らもその急先鋒だったろう。というか、そうやってひどいことになったのが ISO 19115 だ。 GeoRSS に未来があるのなら、モジュラリゼーションが勝利するのかな。それにしてもどう切り分けたらいいんだかわからない。やっぱり一度 19115 みたいな壮大な御殿を作ってみて、やっぱりしまったやりなおそう、と思わないと人類は学習しないんじゃないだろうか。 要するにあれだ、俺様スキーマの押し売りの立場としては、分野ごとに自分の頭で考えるべきであって、19115 のモデルから出発して思考しちゃだめだということがいいたかったはずなんだ。が、それにしても共通語がないとそれはそれで酷いことになるわけだし。 結論なく終わる。

てすと

<>!&#;日本語とか書いてみる

本の紹介(高岡昌生:欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK) )

クラシックなデザインセンスを磨くのによいと思います。 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4568504112
欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK) (単行本)

高岡昌生 (著), 高岡重蔵 (監修)

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 美術出版社; 初版版 (2010/2/25)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4568504112
  • ISBN-13: 978-4568504118
  • 発売日: 2010/2/25
  • 商品の寸法: 25.6 x 18.2 x 2.4 cm
  • Amazon.co.jp ランキング: 本 - 62,148位 (本のベストセラーを見る)

内容紹介

『欧文書体』『欧文書体2』に続く、「タイポグラフィの基本BOOK」シリーズ第三弾。デザイナー、編集者、企業担当者向けに、実務的な欧文の組み方を指導した本。 実際にコンピュータ上で欧文を組んでみる練習問題や、欧文を組むときの具体的な19の注意事項などを掲載。デザイナーが組む機会の多い名刺、レターヘッド、招待状などの組版事例や海外のいい組版事例も多数掲載。 実際の練習問題と事例紹介を載せることで、組版の力がつくように構成されています。本書を読んだ後は過去の自分の組版をやり直したくなるくらい衝撃的な本です。

おひさしぶりね

ひさしぶりにログインした。何万年放置しているかとおもったら1月に1回はログインしていてびっくりしたともいう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。