prasinos' work memo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vine Linux でも無線 LAN

こんどはマドリードである。

例の Sharp PC-MJ710R は今でも元気に動いているのでこいつをつれていこうと思う。 ただ、DSL は使いものにならないので Vine に入れ換えてしまった。 そこでまた無線LAN 対応である。 続きを読む

スポンサーサイト

起動時に一般ユーザで Gnome をあげてみようとおもったが

以前にふれたラップトップ、DSL はあまりにもしょぼいので Vine に入れ換えた。が、遅いので GDM が起動するのを待ってパスワードを入れるのがうざい。というわけで、/etc/inittab において
x:5:respawn:/usr/local/etc/Xlogin
とかなんとか自前スクリプトを呼ぶことにして、
#!/bin/sh export PATH=/usr/local/sbin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin exec /bin/su username -c /usr/X11R6/bin/startx
とかなんとかしてやれば、X が起動する (パスを設定しているのは xauth のため)... といいたいところだが、 コンソールアクセスがなくて止まってしまう。そこで Redhat にしたがい /etc/pam.d/xserver で pam_console.so を呼んでいるところを コメントアウトしてみたがだめだ。

後から気がついたがハイバーネートすればパスワードは打たなくていいから実質こんなもんだろう。と思って結局元にもどした。

MTA を作ってみるの記

玄箱HG でいろいろ cron で動くプログラムを作ろうと思った。Montavista Linux には cron がついてきて大変有難いことだが、残念ながらメール配送エージェント (MTA) が存在しないのでログを外に打ち出すことができない。

困ったので Ruby で超簡単なのを作ってみた。 ついでといってはなんだが mail(1) や host(1) もとりあえず用を足す程度のものを作ったのでご参考まで。 続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。